オススメ動画

敏感Mボディマダム

片平悦子 41歳 T153 B99(D) W85 H99
小柄で明るい「片平悦子」さんが五十路マダム善通寺店よりデビューです!お話しが好きで、お話しを聞くことも好きな癒してくれるマダムです!思わず抱きしめたくなるような小さなお身体は、M性な敏感ボディ。そうです、そうなんです!何を隠そう…片平さん魔性のMなんです。明るくえへへと笑う裏には、拘束プレイされたい。そんなエッチな願望と女性の健気さが隠れていました。

二十代のときに知り合った旦那さんは、毎朝毎晩と敏感な片平さんのお身体を求めてきたそうです。しかし、そんな愛が溢れた結婚生活も長くは続きませんでした。二年が経った頃、今までそりが合わなかった義母との仲が一層悪くなってしまいます。毎日のように繰り返される嫁いびり・・・必死に我慢して妻として一人の女性として明るく、気丈であろうとしました。そんな気が狂いそうな毎日の中。唯一の心のより所であった旦那さんも、だんだんと冷たくあたってくるように・・・。毎朝毎晩と片平さんの身体を求めてきた旦那さんはいなくなったのです。片平さんは、一人孤独の中に落ちてしまいました。「また恋してみたいです。」この後、離婚を経験された片平さん。今はまた恋がしたいと・・・。健気でひたむきな彼女の恋のお相手が現れることを願ってやみません。

さて、そんな片平さん初のエッチは、18歳の時。お相手は、なんと!2ショットダイヤルで出会った年上のおじさまだったそうで、あれよあれよと言う間に二人は夜のネオンの中へ。興奮した様子のおじさまは、息も荒く強引に片平さんの制服を脱がし、熱く茹るようなイチモツを口のずっと奥まで無理やり挿入します。蒸すような精子の臭いに気が遠くなり、もうろうと…。くらっとする臭いに当てられてぎちぎちの局部は、大人の女性のいやらしい匂いと愛液に満たされました。「受け入れることに快感を感じてしまって・・・」そのままヴァージンは快楽の奈落へ落ちていきました。それにしても、乙女の初めてを知らないおじさまに捧げてしまうなんて、とってもいやらしい女の子だったんですね。

18歳で快楽を覚えた片平さんですが、Mとして真の快楽を覚えたのは、まだ数年前のことになります。なんと初恋の人にバッタリと出会ってしまった片平さん。再開した二人には時間は必要ありませんでした。燃え上がった二人の恋の炎。その果てにSとMの世界に昇華していきます。「最初はもちろん抵抗があったんです…でも、あっ!悪くないかもって(笑)目隠しされて、身動きできないときに首筋やおっぱいを愛撫されると、声でちゃって、ぐちょぐちょになっちゃったんです…」いやらしく語る片平さんは、まだまだ発展途上!紳士な貴方のテクニックで彼女を貴方色に染め上げてください。

五十路マダム善通寺店へのお問い合わせお待ちしております!

関連動画